News

最新ニュース


2017.07.19
ご報告

復支援ボランティア活動にいってきました



6月30日(金)から7月2日(日)にかけて、福島県いわき市での被災地復興支援ボランティア活動(主催:日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)、共催:早稲田大学競技スポーツセンター)を行いました。


〈1日目〉

・江名小学校

今回もいわき市立江名小学校を訪問し、授業のお手伝いや体力診断テストの補助を行いました。体力診断テストでは、小学生たちに「運動の楽しさを教える」という目的のもと、シャトルランや反復横とびなどを楽しそうに指導している部員たちの姿が印象的でした。今までのフラッグフットボール教室とは異なる新しい試みでしたが、部員たちは小学生とのかけがえのない時間を過ごすことができました。


・いわきFCパーク

江名小学校の後には、いわきFCパークを訪問しました。そこでは、株式会社いわきスポーツクラブの大倉様よりお話を伺い、いわきFCの選手たちにパーク内やアンダーアーマーの物流センターを案内していただきました。

部員たちは施設見学やいわきFCの選手との交流を大いに楽しみました。また、種目は違いますが、同じスポーツ選手としてとても良い刺激を受けることができました。


〈2日目〉

・御祈祷

活動2日目の朝には、毎年宿泊場所として受け入れていただき、大変お世話になっている閼伽井嶽 常福寺にて部内安全と必勝を祈願して護摩ご祈祷をして頂きました。


・オリーブプロジェクト

その後、いわき市地域活性化プロジェクト「オーリブプロジェクト」に参加しこれまでの先輩たちが作ってきたオリーブの「BIG BEARS FARM」を見学しました。その後は、オリーブ畑にて実際に側溝作りやオリーブの植え替え、葉摘の作業を行いました。蒸し暑い天気のもと、部員たちは汗を流しながらも真剣に取り組んでいました。


・浜風きらら

活動の最後には久之浜町を訪れ、浜風きらら株式会社の高木様よりコミュニティ商業施設「浜風きらら」のお話を伺ったのち、まち歩きを行いました。「浜風きらら」は、今年の3月まで毎年大変お世話になっていた「浜風商店街」を引き継ぐ形で開設され、変わらない温かさで迎えていただきました。久之浜町のまち歩きを通して、部員それぞれがいろいろな思いを巡らせているようでした。


2013年7月に始まったこのボランティア活動も今回で9回目となりましたが、毎回学ぶことがとても多く、改めて学生の私たちに何ができるのかを考えさせられます。微力ではありますが、少しでも多くの方に笑顔を届けるため、これからもBIG BEARSはこのような活動を続けていきたいと考えております。


このボランティア活動をするにあたって、日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)、北関東空調工業株式会社 有賀行秀社長、閼伽井嶽 常福寺、いわき市立江名小学校の皆様、いわきFCの関係者の皆様、オリーブプロジェクトの皆様、久之浜町の皆様、その他多くの方々のご協力を頂きました。お世話になりました皆様には、この場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。


◎江名小学校

http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0710072

◎いわきFC

https://iwakifc.com/

◎ いわきFCパーク

https://iwakifcpark.com/

◎閼伽井嶽 常福寺

http://www.evam.ne.jp/akaidake/

◎オリーブプロジェクト

http://iwaki-olive.com/

◎浜風きらら

http://hamakaze-kirara.com/