News

最新ニュース


2015.02.27
普及活動

被災地復興支援ボランティア活動を行いました

2月25日(水)から27日(金)にかけて被災地復興支援ボランティア活動(主催:日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)、共催:早稲田大学競技スポーツセンター)に参加いたしました。一昨年の7月から始まったボランティア活動も今回で4回目となり、福島県いわき市での活動となりました。震災原発事故による風評被害により深刻化した農地再生を目指しいわき市でオリーブ畑の整備を行う、いわき市地域活性化プロジェクト「オリーブプロジェクト」への参加や、前回も行った被災地の小学生にフラッグフットボールを教える活動を部員全員で行いました。農業再建をかけて活動しているこの「オリーブプロジェクト」内では、部員はオリーブが元気に育つよう清掃、整備をしました。この活動がこれからも続くようBIGBEARS FARMの看板を建ててくださり、その除幕式を行いました。

 フラッグフットボール体験の日は午前中小雨が降りながらもグラウンドで元気に練習をしましたが、午後はあいにくのお天気となり、体育館での活動となりました。NPO法人ワセダクラブのフラッグフットボールの八木コーチ、柏レインボウズというフラッグフットボールチームの菅野コーチにもご協力頂き、デモンストレーションなどを行いながら、いわき市立江名小学校( 武藤忠晴校長先生)全校児童112名の皆さんと楽しく交流することが出来ました。皆さんの明るい笑顔に部員もたくさん元気を頂きました。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREIMG_0770

夜には、毎回この活動をご支援頂いているいわきの方々に懇親会を開いていただきました。

現地活動をコーディネートしていただいている有賀行秀様からBIGBEARSの為に作ってくださった勝ちだるまを贈呈して頂きました。

ぼExif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREBIG BEARSの看板

IMG_0791

浜風商店街では、商店街の方々に温かいこんにゃくやメンチカツをたくさん振る舞っていただきました。


今回のボランティア活動を通じ、日々の生活や練習では経験できない貴重な経験を積むことが出来ました。BIG BEARSは今後も出来る限りこのような活動を行ってまいります。
なお、今回のボランティア活動は、日本財団学生ボランティアセンターからの全面的なサポートを受け、実現しました。また、北関東空調工業株式会社 有賀行秀 社長、長源寺 副住職 栗山周桂 様、いわき市立江名小学校の皆様、その他多くの方々のご協力を頂き活動することが出来ました。お世話になりました皆様にはこの場をお借りしまして改めて御礼申し上げます。

以下、諸口貴則(新4年副務・WR)からのコメントです

Gakuvoさんの協力の下、福島へのボランティア活動は今回で4回目を迎えました。 今回は初の試みとして、フットボールの普及を目的とした江名小学校全児童の皆さんとのフラッグフットボールを行いました。江名小学校の皆さんと触れ合い、給食も一緒に食べ、笑顔の絶えない会となりました。 また、恒例となったオリーブプロジェクトでは、第1回目に苗を植え、見守ってきたオリーブが僕らの背丈よりも大きく成長していて、それが力強く復興してきた現在の福島の象徴のように感じました。今回、そのオリーブ畑にBIGBEARSの看板を建てていただき、これからも福島に関わっていきたいと改めて思いました。 福島のみなさん、3日間ありがとうございました!

☆ 日本財団学生ボランティアセンター Gakuvo

☆ いわきオリーブプロジェクト

☆ 早稲田大学競技スポーツセンター

☆ 浜風商店街

◇江名小学校のHPに当日の様子が掲載されています

http://www3.schoolweb.ne.jp/weblog/index.php?id=0710072