News

最新ニュース


2019.05.15
ご報告

USC 研修を行いました


こんにちは。3 年 DB の大⻄郁也です。 

本年度もロサンゼルスにキャンパスを構えるUniversityofSouthernCalifornia (以下 USC) で研修を行いました。

今回の研修では、USC の練習見学だけではなく、実際のミーティングに参加させていただ いたり、USC のコーチの方々と直接コミュニケーションを取ったりと、

日本に居ては得ら れない話を伺う事ができました。

USC の選手・コーチ全員が、フットボールに対して熱い情熱を持っており、その熱量を生 身で感じることが出来たのはとても良い経験になりました。 

本研修で見てきたこと、学んできたこと、感じたことをチーム全体に共有し、必ずや BIGBEARS の強化に繋げていきます。 

また、本研修でお世話になりました全ての方々に心よりお礼申し上げます。 そして、今後とも BIG BEARS のご支援及びご声援をどうぞ宜しくお願い致します。



以下、参加メンバーからのコメントです。


                

3年 WR 河波 正樹

今回の研修では僕はオフェンスと WR のスキルを見学させていただきました。少数精鋭の 選手たちが細部までこだわったプレイやスキルは僕たちも勉強し取り入れるべき点だと感 じました。アメリカの選手と体格が違っても考え方や練習は似ていてそれをチームに普及 させ僕たちの形にしていくことが今必要なことなのでそれが出来るようにこれからも日々 努力していきます。

 

3年 DB 大⻄郁也

USC 研修では練習の見学だけでなく、ミーティングへの参加もさせていただきました。 Trojans の選手たちはミーティングやグランドでの練習からフットボールを楽しんでおり、 時に激しく時に喜び合い、とても良い雰囲気で練習を行っていました。特にマンツーマンな どの勝負事では闘争心を剥き出しにしていました。自分は技術やアサイメント、設備よりも 選手たちの闘争心に一番驚きました。こういったフットボールへの向き合い方からチーム に還元して、BIG BEARS の日本一に貢献したいと思います。


3年 AT 塩原由佳                                            

今回の研修では、私は主にアスレティックトレーナーの活動を見させて頂きました。テーピ ングやリハビリテーション、ケアなど、プロのトレーナーの方の仕事は非常に精度が高く、 選手との接し方にも多くの工夫が凝らされていました。 施設環境などは大きく違いましたが、BIGBEARS でもできることは多くありました。今後 はそれらを活かし、選手がより安全により高いパフォーマンスレベルでプレーできるよう、 サポートしていきたいと思います。

                   

4年 AS 木佐谷望

USC を訪問し最も感じたことは選手・コーチングスタッフ両者のチームに対する責任感で す。練習だけでなく、10 数分のミーティングにもどれだけの準備をして臨んでいるのか、 個々人の責務の強さを感じました。一方で、練習で使用している用具備品といった面では決 定的な隔たりは少なく、自らの今いる環境に改めて感謝する必要があると思いました。この ような機会を頂き本当にありがとうございました。



 Brett Neilon 選手(OL) 


Jonathan Tyler Daniels 選手(QB)


大学全体の Athletic director を勤められている元NFL選手の Lynn Swann 氏







ロサンゼルス稲門会の皆様とお会いしました!